ブランディングプロフィールライター | 遠藤美華

ビジネスプロフィール作成代行・インタビュー取材に基づいた記事作成を承っています

*

遠藤美華のプロフィール

遠藤美華

 

ライターの遠藤美華(えんどうみか)です。

フリーランスのライター。インタビューなど取材に基づくライティングをお引き受けしています。インタビュー記事、ブログやWEBサイトやHPに掲載するプロフィールライティング、コンテンツ記事、メールマガジンなどの執筆代行など。

また、文章を書くサポートもおこなっています。ブログやSNSなど自分発信のメディアをお持ちの方は、「思いはあるんだけれど、文章として表現するのがなかなか・・・」「想いを文章にするのが苦手」という方への書き方アドバイスやネタの見つけ方など、パーソナルなご依頼におこたえしています。

 

書くことはずっと好きでした。高校生の時に、自分の思いをのせて書いた文章が、相手の心に届いたことに感激。文章も持つ大きな可能性を感じました。そして、いつか「書く仕事をしてみたい」と思ってきました。大学を卒業後は、書くこととは全くかけはなれた受付・接遇業務に従事。ここではお客様を大切にする姿勢を実践で学びました。6年の勤務を経て、結婚を機に、東京から札幌へ引っ越し。札幌では主婦業、東京へ帰省すると実家の不動産業を手伝ってきました。

 

2014年秋、お声掛けいただいて、思いがけない展開でライターデビューをすることに。初めての仕事はWEBの美容記事の執筆でした。同年11月に、株式会社ジュビリーの橋本絢子さん主宰の「プロライター養成塾」を受講し、ライターとしてのマインド、書くスキル、インタビュー実践取材などを学びました。

 

ライターの先輩に「職業、ブックライター上阪徹。」という本を紹介されブックライティングに憧れを持ちました。ご縁があり、2015年4月から全4回の「上阪徹のブックライター塾」2期に入塾、ブックライティングの極意から人生観まで、多くのことを学ぶ機会を得ました。

キレイなパソコン

 

インタビューや取材でさまざまなかたとお目にかかることは、とても楽しいです。その方の信念やこだわり、これまでの人生さえもみえてくることがあります。その魅力を引き出し、記事として、ひろく皆様にご紹介できるように全力をつくして取り組んでいます。

インタビュー取材・執筆は、プロライター塾でお世話になった橋本絢子さん、菜食料理家の安藤夏代さん、ビジネスコンサルタントの菅原名弥(ヒナココ)さん他。現在、札幌一円9万戸に配布される読売新聞の折り込み「ZERO11」のインタビュー記事などを執筆中。

 

「思いはあるんだけれど、なかなか文章にならないな・・・」と思ったときに、お気軽にご相談ください。お話を伺うなかで、あなたの魅力やイチオシの商品の魅力を文章にしてお届けいたします。

 

 
プロフィール作成、インタビュー記事作成、WEBページのテキスト作成など、文章ライティングを承っています→提供サービス一覧
■2014年秋、株式会社ジュビリーの橋本絢子さん主宰の「プロライター養成塾」を受講。ライターとしてのマインド、書くスキル、インタビュー実践取材などを学ぶ。
■「上阪徹のブックライター塾」2期生(2015年4月)

 

東京新宿区出身。
結婚を機に札幌に転居。北海道が大好き。
2008年に男児を出産

公開日:
最終更新日:2017/02/11