ブランディングプロフィールライター | 遠藤美華

ビジネスプロフィール作成代行・インタビュー取材に基づいた記事作成を承っています

*

同業者の中からあなたが選ばれるための5つのヒント

      2017/06/25

とても刺激になった話をうかがったので、近日ブログで書こうと思っていますと、アメブロで書いていましたので、約束通り公開しますね。

 

「横並びの同業者の中から突き抜けている友人」に「どうしたら、大勢いる横並びの同業者のなかから一歩前にでられるのか?」を聞いてきました。

 

古くからの友人でプロのカメラマン。昨年、著者として一冊の写真集を出版しました。その時もびっくりしたんですけど、今年も2冊目の出版が決まったそうです。

 

1冊目の出版が決まった時に「おめでとう!よかったねー」と率直に友人としてのお祝いと喜びを伝えたら、「売れればね〜」なんて言っていたんですけど。

 

その分野のファンの間では発売前から期待度も高く、予約は必須。(予約数を超えてしまって私も予約に間に合わず)発売後はSNSでの拡散もひろがり、手にしたファンからたくさんの感想が寄せらています。それで、めでたく今年も2冊目の出版になるのだとか。

 

すごいですよね。本当に。 友人としてもうれしいし、誇らしいです^^

work-1940690_1920

 

「どうしたら、横並びの同業者のなかから一歩前にでられるのか?」

で、聞いたんです。
「たくさんいる同業者の中から、一歩前に出るにはどうしたらいいの?」って。
「え???一歩なんて出ててないよ。」 って謙遜してましたけど。
ここまできたら友達ですし、やっぱり突き抜けてる先輩には後輩として、聞くしかありません。

 

「だってさー。たくさんいるカメラマンの中でだよ。そのなかで自分の名前で写真集を出せるなんてほんの一握りでしょう?」 と詰めてみました。

 

「それは、確かに・・・」と自分を振り返っている様子・・・。
「嫉妬や羨む人はいないの?」とも聞いてしまった(爆)

 

 

その友人の話してくれたことを要約してみると

(1)「運が良かった。」「全てはタイミング」

(2)「プロとして自分に負けない」それを「ずっと見ていてくれた人が声をかけてくれた」

(3)「(フリーランスで)仕事をいただけることはあたりまえではないよね。本当にすごいことだし、ありがたいこと」とにかく感謝の思いでしかない。

(4)横並びの同業者の中から一歩前にでるには、他の同業者より「なにか一番になれるもの」があるかどうか。

(5)嫉妬や羨む人がいたとしても、自分ではわからないようにしている。

 

と、話してくれました。

 

mt-fuji-2067703_1920
チャンスを掴み、それをものにすることができる図太さ。

自分に負けない強い心。

感謝の心。謙虚さ。

自分の強みを最大限に生かしていく気転のよさ。

前に進むための自身への配慮。

 

さすがだなって、思いました。

でもね「いつも追い詰められている感じはある」って言ってましたね。

 

いかがですか?
彼が、同業者の中からたった一人、選ばれる理由が見えてきませんか?
そしてやっぱり、私の周りにいるフリーランスの尊敬する先輩たちは、みんなあてはまるんです。これがすべて。

 

遠藤美華

 

友人でもあるけれど、フリーランスの先輩としても尊敬しています。
ずっと背中を追っていきたい人。
これからもずっと応援していきます。

 

 - インタビュー作成事例, コラム, 学び, 私のこと