ブランディングプロフィールライター | 遠藤美華

ビジネスプロフィール作成代行・インタビュー取材に基づいた記事作成を承っています

*

プロフィールの書き方3~プロフィールに何を書けばいいのか?

      2017/02/23

WEBページに載せるプロフィールを、自分で書いてみたけれど・・・とご相談いただきます。「どうしたら、自分に興味を持ってもらえるのプロフィールになるのでしょうか?」まとめてみました。

「プロフィールに何を書いたらいいのか悩みます」

プロフィールはあなた自身を知っていただくためのものです。

自分のウェブサイトにプロフィールを書かなきゃ、と思った時に、何を書いたらいいの??と悩まれる方も多いようです。

悩む理由は何なのでしょうか?

プロフィールは誰が読むのか?考えてみる。

あなたのウェブサイトにわざわざきて、読んでくださる方はどんな方でしょうか。読者を想像してみましょう。

◆あなたの書いた記事に悩みの答えを見つけた人。
◆あなたの記事が面白いなーと思う人。
◆あなたの記事がためになると思った人。
◆あなたの提供するサービスや商品が気になる人。

いかがでしょうか?
だから、提供するあなたがどんな人か気になるのです。プロフィールを見に来てくれる理由です。もしかしたら、その反対もあるのかもしれませんけれど(笑)例えば、私のブログに来てくださる方は、「ビジネスプロフィールをご自分で書いてみたい人」が来てくださる、と想像して書いています。

あなたのプロフィールを読みたいとわざわざサイトに訪ねてくれる人は、どんな方なのか?
プロフィールを書き始める前に考えてみましょう。

プロフィールを読んでくれる読者は何を知りたいのか?を考える。

あなたのプロフィールをわざわざ読みに来てくれる人がどんな方なのか、想像はできたでしょうか?次は、読み来てくれる方が、あなたの何を知りたいのか、を考えてみます。

パソコンと少女私のプロフィールを読みたいと思う方は、

遠藤さんはどんなプロフィールを書いてくれるのかしら?
どんなひとのプロフィールを書いているのかしら?
なんで、文章を書くことを仕事にしたのかしら?

などでしょうか。

その答えを、自分のプロフィールに書けばよいのです。

プロフィールはどこまでも読者目線で書く

プロフィールは、読み手が知りたいと思うあなた自身のことを書けばいいのです。自分の伝えたいことを羅列するのではなく、読者の視点でプロフィールに書くネタを集めてみてください。プロフィールもやはり読者目線が欠かせないのです。

 

まとめ

プロフィールに何を書いたらいいのか?
それはあなた自身のことに、違いはないのですが、そのなかでも、読者の知りたいあなたのことをかけばいいのです。
プロフィールもブログもホームページも、すべて読者がいます。あらゆる文章は、読者を忘れてはならないのです。

 

プロフィール作成サービスの詳細・お申込み

お申込みボタン

 - ビジネスプロフィールの書き方, 提供メニュー, 文章が上手くなりたい方に