アフィリエイト思考でいこうとするとブログの更新に挫けそうになる

インターネットやSNSで発信を続けていて感じていること。あくまで私の主観です。

40代なかばの女がブログを書いてライターになった

わが子が小学校高学年になったころ、子育てと家事に追われている専業主婦だった自分でしたが、「何かしたい」と思いました。前回更新した記事でも書きましたが、「子育てて終わる」「このままでは社会に取り残されてしまう」「自分の存在価値ってなんなんだろう」そう思っていたんです。

ライターになりたいと思っていた夢を実現しようと動きはじめたのは、40歳を過ぎてから。ブログを書いて専業主婦歴14年からライターになりました。40代半の女、かなり遅めのスタートです。

わたしがライターになるのに、最初に手ほどきをしてもらったプロライター養成塾をチェック!

私がライターになるために書き始めたのが、当時全盛期(今でも全盛期なのか?!)のアメブロでした。3年間ほぼ毎日更新していて、よく書いていたと思います。渾身の記事の場合は、2〜3時間と時間をかけて書いてました。

あの時になぜアメブロでブログを始めたのかといえば、初心者でもはじめやすそうな無料ブログシステムだったから。何を書いても良さそうだし、日記みたいなブログでも毎日更新することに意義を感じていたので、全然良かったんです。書くことを練習するには持ってこいの場所でした。

アメブロの良いところは、アメブロ内でブログをやっている人同志で紹介しあったり、相互フォロー登録のシステムを利用して、たくさんの人とも交流できるし知り合う機会もあります。

だからビジネスとしては成り立つし決して悪くない。事実、私も人気アメブロガーさんの紹介で、たくさんお仕事も頂戴してきました。

だから私、ブログを書いてくとそれが仕事につながる実感はあるんですよね。

リアルなクチコミこそ最高の情報源|それってリアルな感想なの?それとも宣伝?」

欲しい情報は、WEB上のどこにある?

Twitterを眺めているとよくわかるのですが、いまは副業としてアフィリエイトをする人も増えている印象が強くあります。最近ではなかなか「収益につながらない」という声も聞きますが、それはこれまでたくさん稼いでいた人の収益が、過去よりも少なくなってしまったという話。

アフィリエイトはゼロから1にするのは大変ですが、始めたばかりの人が稼げるようになるという仕事としていえば、いい仕事だと思います。(今この感染症の件で刻々収益は実際に減少しているのは事実)

アフィリエイターは当然ですが、ある程度インターネットを勉強している人であれば、「検索」「SEO」を意識してWEBサイトを書いている人がほとんどだと思います。

だから競合もたくさんいます。だから検索上位を目指すもの難しい。それにGoogleもどんどん進化していて、検索する人にドンピシャな結果が表示できるようになってきています。

検索する人は、リアルなクチコミや体験が知りたい

ちょっと前まで検索しても、正直「???」みたいな検索結果がでてきたことってありませんでしたか?

例えば「札幌に遊びにきた東京の友人と海の幸を食べたい」と思って検索してお店を探しても、行きたいようなお店ってなかなか出てこなかったんですよ。

SEOに強い仕組みを取り入れているサイトを持っているお店が上位に表示されているんです。でもそこに実際に行ってみてもコスパは悪いし、それほど美味しいとは思えない。それで口コミのあるページや、地元の人のブログなんかを見にいったものでした。

SNSのハッシュタグ検索は、リアルな情報源として価値あり

それがわかっているから、10代、20代、30代の人たちは、SNS検索でお店をさがすのです。リアルに行ったお店や美味しかったものなどを写真や動画にしてアップロードしているものをハッシュタグで検索するのです。

実際にインスタグラムやYouTubeで検索してみました

3月、熱海に出張で行きましたが、事前に熱海の観光情報を調べていきました。でもGoogle検索で上位表示されているサイトに行っても「訪ねてみたい」と思えるお店や観光地の情報は見つけられませんでした。

でも、インスタグラムやYouTube動画だったらどうでしょう?ありました!ありました!楽しかった思い出や、美味しかったものをみんなにシェアしてくれているポストがたくさんあります。実際に現地でもその情報のお店には行列ができていました。

インスタの投稿は「リア充自慢」とも取れるようなこともあるのかもしれないけど、実際に「こんなところだった!」「楽しかった!」そんなリアルな声だからこそ、自分の旅行のプランに活かしたいと思えるのです。

私、40代のおばちゃんは、最近までそれがよくわからなかった・・・。

リアルな自分を伝えられる一つの方法として、私はYouTubeチャンネルで配信もしています。

だからブログでこれまでの経験を書くことにした。けれど・・・

一昨年前、子どもの中学受験のときも、めちゃめちゃ検索して情報を集めました。でもね、欲しい情報はなかなか見つからない。欲しい情報はリアルな体験だったんです。本気で情報を探している人は、それが本当の気持ちなのかもしれません。それで私は、中学お受験ママの体験記をブログで残すことにしました。

キーワードありきのアフィリエイト思考で行こうと思うと挫ける

自分の経験から思うんですけど、40代に入ると女性はやりたいことがたくさんでてきます。この記事でも書きましたが、この世の中に、何か自分の足跡を残しておきたいと思う気持ちがむくむく湧いてきます。でも「自分に何ができるのか」そこから悩むんです。

このブログは、40代まで専業主婦だった私がライターになって今に至るまでの体験記事も今後は増やしていこうと思っています。あのとき悩んでいた自分にむけて、記事を更新していきたいと思うようになりました。

ブログに挫けるのは、いろいろ考えるからなのさ

でも、経験ベースで書いていくときに「検索キーワード」ありきのアフィリエイト思考で書こうと思うと、書くのに挫けるんですよ(笑)これも真実。もとい、今の私の真実です。

アフィリエイターさんにはきっとあたりまえのことなのだと思いますが、なかなかこれができない・・・。

いまはとりあえず、記事の更新をしてから施策を試すようにしようと思っています。気を取り直してGOです!

まずは週一でいいのでブログを書いてみよう!

実はこの記事も書くのに何度も挫折しています(笑)

経験ベースでブログを書く場合、公開するのに躊躇する場合もあります。「こんなこと書いていいのかな」とか「こんなこと公開して、なんだか馬鹿みたいな自分じゃん!」とか思うことありますよね。

あと、お役立ち情報を出す場合「こんなこと発信して役に立つのかな?」と思うこともあります。

個人情報の公開については、十分に注意を払うのは当然です。

その上での話ですが、ある程度、どんな人に向けて書くのか、何を伝えていくのかという方向性が決まったら、あんまり深く考えないのもありです。どんな反応があるのかは書いてみないとわからない。書いていったことがブランディングになることもあるんです。

ある程度記事が貯まって、読みにきてくれる人が増えたら、あとから不要な記事は消すこともできます。

もしもブログに挫けそうなのであれば、週に一度私と一緒にブログの更新してみませんか?

自分の挑戦でもあります。書き始めは「キーワード」とか「役に立つ」とかあんまり考えない。でも自分の渾身であることはまちがい記事を書いていこうと思います。

記事の更新をしたあとに、キーワードとかアクセスとか検証していろいろ施策してみようと思います。

ABOUTこの記事をかいた人

遠藤 美華

遠藤美華(えんどうみか) ブログを書いてライターになった経緯から、ライティングやWEB集客で学んできた経験値をもとに、40代からのアラフィフ世代の女性へむけて情報発信をしています。 取材に基づく文章作成が得意なライター。WEBサイトに載せる経営者や個人事業主のビジネスプロフィール文や代表者挨拶文の作成代行、インタビュー記事やオウンドメディアでの執筆など。ブックライティングもボチボチお手伝いをはじめました。