読んでもらえてますか?あなたのプロフィールページ

あなたのプロフィールページから読者が離脱する理由

あなたのWEBサイト(ブログやHP)にせっかくたどり着いてくださった方が、途中で読むのをやめてしまう時ってどんな時なのか、想像したことはありますか?

サイトにたどり着いた人がサイトから離脱する瞬間にどんなことが起こっているのか。ご自身のことに当てはめて考えてみるとわかりやすいと思います。おそらく、自分の期待しているような答えが書いていなかった時ではないでしょうか。

最後までそのページを読みきっていただけたらいいのですけど、ページの途中で離脱はとても残念です。でも同じようにご自身でもページの途中で離脱した経験はよくあることだと思います。

知りたい情報が載っていないから

ではあなたのプロフィールページまでたどり着いた人が、ページの途中で離脱する時というのはどういう場合でしょうか。

離脱する理由として考えられるのは、あなたのことを知りたいと思ってあなたのプロフィールページにたどり着いたのに、読みに来てくださった人にとって本当に知りたいあなたのことが書いていない場合です。

読者はあなたの何を知りたいのでしょうか。あなたの出た大学でしょうか?あなたのできることでしょうか。あなたのこれまでの経歴でしょうか。

あなたのプロフィールページに何を書いたらいいのか。必要な情報については、職業にもよっても違います。

私が最近探していた情報を例にしましょう。息子の歯のことで矯正歯科の先生を探していた時のこと。私は矯正歯科の「認定指導医」を探していました。認定指導医であるという情報は、私にとっては重要でした。もしその情報がプロフィールページなければ、この時点で離脱しています。

「来て欲しいお客様」が知りたい情報を想像してプロフィールを書く

最後まで読み続けたプロフィールの次に読みに行くのは、その認定指導医の先生が書いているブログやコラムです。その先生がどんなことを書いて、そんな思いでいるのかが気になりました。

次のページに進める理由は、プロフィールページを読んでその先生に診て欲しいと思ったからなのです。

WEBサイトに載せるプロフィールを書く時に考えなければいけないのは、自分のところに来て欲しいお客様を思い浮かべて、その方が必要としている情報をプロフィールページに載せていくことです。

これが読んでもらえるプロフィールの条件です。

お客様に提供できる未来を描くプロフィールが最強!

合わせて、あなたのサービスを受けるとどんな良いことがあるのか、どんな変化があるのかを書いて、お客様の展望を大きく広げてあげましょう。

WEBサイトにおけるプロフィールページは、お客様とあなたをつなぐ大切なページです。一番力を入れて書いていくべきページです。

お客様にあなたのサービスを受けていただくために、「適当に書いておけばいい」ということはやめましょう。ページの最後までしっかりと読んでもらえるプロフィールを書いていきましょう。

ご自身で書けないと思ったら、私・遠藤美華のプロフィール作成サービス(執筆代行)をご利用ください。

2019年4月17日(水)「見つけてもらえる!WEB強化セミナー」では、読んでもらえるプロフィールを書くコツをお伝えしていきます。

ABOUTこの記事をかいた人

遠藤 美華

ライターの遠藤美華です。 取材に基づく文章作成を得意としています。インタビュー記事、プロフィール記事、WEBページのテキスト記事、執筆協力、SNS代行記事作成、など文章全般に渡るご依頼を承ります。